FC2ブログ

咲き誇る「かばんの藤」

 5月中旬、上田市の信濃国分寺史跡公園の「カバンの藤」が見ごろを迎え、辺り一帯は、甘い香りに包まれます。
 カバンの藤は、1880年(明治13年)、第十九銀行(現:八十二銀行)の役員の方が、故郷の南佐久郡の農家からもらった藤の苗をカバンに入れて持ち帰ったことからその愛称で140年に渡って上田市民に親しまれていています。

200514_123931.jpg

200514_124103.jpg

200514_124041.jpg

 3本の木から伸びた枝を支えるおよそ500㎡の藤棚から見事な房が下がり、甘い香りが漂います。 花房は、最長でおよそ1mほどはあるでしょうか…。
 藤は樹齢140年ほどの老木ですから一時期樹勢が衰え、あまり多くの花を付けない年もあったようですが、数年にわたって樹木医さんによって治療を施され、今は回復傾向にあるとのことです。

200514_124352.jpg

200514_124019.jpg

200514_124210.jpg

200514_124251.jpg

関連記事
スポンサーサイト



Comments 7

okko

見事な藤棚

かばんとは何かな?と思ったら鞄だったのですね。
それにしても3本の木からこれだけの枝を伸ばし
140年も花を咲き続けているとは・・・。
管理も行き届いているのでしょうが生命力にあふれていますね。
甘い香りがする紫のカーテンやシャワーのようです。
クマンバチもブンブン飛んでいたことでしょう。

  • 2020-05-16 (Sat) 11:29
  • REPLY
wagtail

To okkoさん

樹勢の弱まった藤を守るために樹木医さんが何年もかけて手を入れ、
見事な花を咲かせるまでに復活させてきました。
現在は藤の保護のため、藤棚下は立ち入り禁止の措置が取られ、
樹勢が維持できるよう保護されています。
長い花房が垂れさがり、春風に揺れるさまは
趣がありいいものですね。

iqm90jqjpdmz (トリトン)

見事な藤ですね~。

こんばんは。
岩手のトリトンと申します。

ご訪問ありがとうございました。

見事な藤ですね~。
撮りたいです!!

近くにこんな素敵な藤の樹があったらなあ~。

話が変わりますが、本日2回目のワラビ取りに出かけてきました。
首尾は、まあまあでした。
あくを抜いて、明日には食卓にのぼる予定です。
退職を機に、「わらびハンター」になりそうです。 (笑)

また、遊びに来ます。
ではまた。

iqm90jqjpdmz (トリトン)

あららっ。

こちらのブログもwagtailさんのものでしたね。
5つもブログをお持ちなので混乱してしまいます。
同じ方だということを忘れていました。

どのブログの写真も素敵ですね。

「かばんの藤」というんですね。

こんな藤の写真撮りたいです。

「足利フラワーパーク」の写真を撮りたいです。
一生のうちに出かけて撮りたいと思っています。

wagtail

To トリトンさん

いつも丁寧なコメントをいただき、ありがとうございます。
ブログの数ばかり多いのですが、どれも拙いブログばかりで、お恥ずかしい限りです。

コロナウィルス問題で、外出を自粛中ですが、気分転換で何年振りかで訪問してみました。
来年は大手を振って大勢でこの見事な藤の花が見られるようになることを願っています。

何度もご訪問いただきながら幾多のご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。
岩手には素敵な自然や名所がたくさんあることと思います。
また、楽しみに訪問させていただきます。
今後とも、よろしくお願いいたします。

natutubaki

大事に育ててこれまで大きくなったんですね
とてもきれいです
今年は藤を見に行きませんでしたね

  • 2020-05-31 (Sun) 05:54
  • REPLY
wagtail
wagtail

To natutubakiさん

40年以上の老木ですので、ひところ樹勢が弱まり、
花が少なくなった時期もありましたが、
樹木医さんの努力などもあり、ここまで回復しました。
新型コロナウィルス問題が収まり、キレイに咲き誇る藤が、
大勢の人に見てもらえるようになることを願っています。