FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州 善光寺の初詣

 正月気分が抜けた頃、例年のように人混みを避けて善光寺に初詣に出掛けました。
 正月に比べると参拝者の人影も随分少なくなっている参道入り口からしばらく歩くと、すぐに仁王門が見えます。

180111_132450.jpg

 仁王門は1752年に建立されましたが、善光寺大地震などにより二度焼失し、現在のものは1918年に再建されました。 この門には善光寺の山号である「定額山」の額が掲げられています。

180111_132250.jpg

 仁王門をくぐる先には山門が見渡せますが、境内の入り口から山門まで約400mの石畳が続いています。 全部で7,777枚の石畳が敷き詰められているといわれています。

180111_130025.jpg

 献燈の提灯をくぐると、すぐ右側に六地蔵が並んでいます。 1759年に浅草天王町祐昌が願主となって造立されましたが、昭和19年に金物供出に出されてしまいました。 現在の六地蔵は昭和29年に再興されたものです。
 六地蔵とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の6つの世界で我々衆生を救ってくださる菩薩様です。

180111_130117.jpg

 奥に見える一回り大きな地蔵尊は、延命地蔵尊です。 江戸の大火を出したといわれる八百屋お七の霊を慰めたものという伝承が伝えられているため、俗に 「八百屋お七のぬれ仏」 とも呼ばれています。
六地蔵を過ぎると目の前に重要文化財の山門(三門)があります。

180111_130051.jpg

 1750年に建立された二層入母屋造りの門です。 屋根は大正年間の葺き替え時に檜皮葺きとなりましたが、平成14年から19年にかけて行われた平成大修理において、建立当時と同じサワラの板を用いた栩葺き(とちぶき)に復原されました。
 楼上には輪王寺宮筆の「善光寺」と書かれた額が掲げられています。 これは通称「鳩字の額」と呼ばれており、3文字の中に鳩が5羽隠されています。 更に「善」の一字が牛の顔に見えると言われ、「牛に引かれて善光寺参り」の信仰を如実に物語っています。

180111_130706.jpg

180111_131442.jpg

 本堂の正面手前、向かって右手にある平屋の建物内には、参詣者の皆様にお守りやお数珠などをお分けしている「授与品所」と、ご供養・ご祈願のお申し込みやご朱印の受付を行っている「勧募窓口」があり、大勢の人が立ち寄っていました。
 善光寺本堂前の大香炉は、参拝者がお線香を入れ、その煙を体に浴びるため立ち寄る、善光寺参拝になくてはならないものです。 大香炉から出る線香の煙を身体につけると、無病息災、病気平癒にご利益があると言われています。

180111_130825.jpg

 本堂は創建以来十数回もの火災に遭いましたが、そのたびに善光寺を慕う全国の信徒によって復興されてきました。 現在の本堂は1707年の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。
 間口約24メートル、奥行き約54メートル、高さ約26メートルという国内有数の木造建築で、T字型の棟の形が鐘を叩く撞木(しゅもく)に似ていることから「撞木造り」と呼ばれています。 屋根は総檜皮(ひわだ)葺きです。

180111_130755.jpg

 本堂の左手には、重要文化財の経蔵があります。

180111_131320.jpg

 1759年に建立された宝形造りのお堂です。 内部中央には八角の輪蔵があり、その中には仏教経典を網羅した『一切経』が収められています。 輪蔵に付属している腕木を押し回すことでこの『一切経』を全て読んだことと同じ功徳が得られるといわれています。 また、経蔵内には輪蔵を考案した傅大士、並びに伝教・慈覚の両大師像が祀られています。

180111_130500.jpg

 大勧進には本堂の万善堂の他、無量寿殿・不動堂・地蔵八角円堂・紫雲閣・宝物殿・僧侶が修行をする聖天堂などがあります。
 善光寺境内では、善光寺、大本願、大勧進、釈迦堂の4箇所で御朱印をいただくことができますが、この日は、ここ大勧進で御朱印をいただき、今年の初詣を終えました。 後日、別所の北向観音に詣り、両詣りを成し遂げたいと思っています。

180111_130432.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wagtail

Author:wagtail
FC2ブログへようこそ!


カメラ片手にぶらりと出掛け、風景や自然を気軽に写真に写し取り、豊かな信州の原風景を楽しんでいます。

ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。