FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋のおばすて棚田

 長野県千曲市のJR篠ノ井線「姨捨駅」付近に 「おばすての棚田」 と呼ばれる広い棚田が広がっています。 ここおばすての棚田は、棚田としては全国で初めて国の名勝に指定され 日本の棚田100選にも選ばれています。

IMGP0930.jpg

 姨捨(おばすて)の棚田は、千曲川を見下ろす斜面に田が広がる美しい光景、「田毎の月」で古くから知られる名月スポット、姨捨伝説に由来する地名で有名になっています。

IMGP0908.jpg

 姨捨駅から千曲川に向けた傾斜地には、小さな緑色の棚田が続きます。 ずっと見渡す眼下には2000枚の棚田が広がり、その先には千曲川が流れ、長野市・千曲市の街並みが広がっているのが見えます。

IMGP0913.jpg

IMGP0912.jpg

IMGP0915.jpg

 ご覧のように雄大な眺望と棚田の景観が美しい場所で、長野県民は元より、県外からも写真愛好家や鉄道好きな方々を中心に知られています。 大小約2000枚近くある水田が織りなすこの美しい景観に魅かれて、写真愛好家や、ハイカー、観光に見えた方等がたくさん訪れています。

IMGP0918.jpg

IMGP0923.jpg

IMGP0931.jpg

 この日は残暑厳しい暑い日でッしたので、さすがに農作業をする農家の方の姿は数えるほどでしたが、まだ緑色の稲穂も頭を垂れ始めていました。 やがてこの稲穂も黄金に色づき、稲刈りが始まる日も近いのではないかと思います。

IMGP0940.jpg

IMGP0937.jpg

 今回は稲刈り前の棚田を訪れましたが、春の田植えから秋の稲刈りまでの季節のみならず、冬は雪の棚田が絵になり、四季折々その美しさを楽しむことができる絶景のスポットです。

スポンサーサイト

コメント

wagtailさん、おはようございます!

大好きな素敵な光景ですね・・
一度は訪れて見たいとの思いが募るばかりで
足はつい東北に向いています。
いろんな光景で違うでしょうが
何時頃がチャンスなのでしょうか?

To TAKE-爺 さん

日本棚田100選に選ばれているだけあり、趣の感じられる棚田です。
機会がありましたら、是非お出掛けください。
撮影チャンスを決めるのはなかなか難しいですが、
5月中旬に水入れが始まり、田植えは5月下旬になります。
そして、稲刈りは例年9月下旬頃です。
オーナーせいを採用していますが、オーナー達が一斉に田植えをするのは5月最終の土曜日、
稲刈りは9月最終の土曜日が多いようです。
オーナー以外の田んぼでは、この時期より少し早めに始まるようです。
このほかに雪のある時の棚田も、捨てがたい魅力があります。
撮影時期を決める参考になればいいのですが…。
下記サイトも何かの手がかりになればと思います。
http://www.geocities.jp/chikumacity/09tanada.html
http://www.pixpot.net/view_spots/spot/832/obasute-tanada?url=view_spots%2Fspot%2F832%2Fobasute-tanada%2F

こんにちは

こんにちは
いや~これはこれは素晴らしい田園風景ですね。
田舎育ちの自分にはもう心癒される風景に
感動しております。

いま九州は台風が通過中の時間帯ですが。
二~三日前は台風接近で急いで刈り取っている
風景があちこちで見受けられましたよ、

ナツズイセンの花でしょうか、いいですね
もう間もなくそちらあも刈り取りのコンバインが走り廻ることでしょうね

こちらの田んぼではもう彼岸花が満開です。

初めまして。

コメントありがとうございました。
姨捨はどういう訳か早朝(夜中?)2時か3時頃に高速PAに停まる事が多いです。
そしてそこから夜景を!
こんな棚田があるのですね。
今度は日中にお邪魔したいと思います。

To yamabousi さん

近隣の棚田の中では、もっともわたしの気に入っている場所です。
農作業には大変かもっしれませんが、棚田らしい風情が感じられます。
今月末あたりが、稲刈りの最盛期だろうと思います。

台風18号、大きな爪痕を残していった地域もありますが、
当地ではほとんどそれらしい被害もなく棲みました。
それでも朝散策をしますと、枯れたアカマツが何本か倒れていましたが…。

To S-masa さん

コメントありがとうざいます。
姨捨エリアには沢山の夜景スポットが点在していますが、
なかでも一番有名なところは長野自動車道の姨捨SAです。
姨捨は「日本三大車窓」にも数えられる眺望や、
日本の棚田百選及び重要文化的景観にも認定された美しい棚田の景観を誇る場所でもあります。
折がありましたら、是非お立ち寄りください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wagtail

Author:wagtail
FC2ブログへようこそ!


カメラ片手にぶらりと出掛け、風景や自然を気軽に写真に写し取り、豊かな信州の原風景を楽しんでいます。

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。