INDEX    RSS    ADMIN

国宝 仁科神明宮

 信州・大町市 社宮本の古木が鬱蒼と繁る仁科の森に、平安の昔から鎮座する日本最古の神明造を持つ神社、天照大御神をおまつりする国宝 仁科神明宮があります。170622_125413.jpg 6月下旬に初めて訪れた神宮ですが、大杉、ヒノキが茂る鎮守の森は荘厳な空気を感じさせます。 杉の巨木がうっそうとした境内の中でも、とりわけ入り口から入ってすぐの左手にあるこの3本は 「御神木大杉」 といわれ目を惹きます。 中央の杉は昭和54年突風で倒木したため櫓で覆われています。170622_123552.jpg 参道をまっすぐ進むと突き当たりに 「手水舎」 があります。 冷たい水で清めると、心身共に引き締まった思いがします。170622_125151.jpg「手水舎」 を左折し、二之鳥居をくぐると、すぐ左手に社務所がありました。 ここで御朱印をいただくことができます。170622_125141.jpg 御朱印をいただき、さらに進むとちょっとした階段があり、階段を上がりきったところに三之鳥居が建っていました。 これは、1993年遷宮が行われた伊勢神宮の鳥居を移築したものだそうです。 この階段を上った先に本殿があるようです。170622_125103.jpg 三之鳥居をくぐると、すごく静かで神聖な雰囲気に包まれているのが分かります。 広い境内の敷地に入ると、正面に神門が見えます。 自然と身が引き締まるようなそんな気がします。170622_124700.jpg 通常は、鳥居をくぐると、次は拝殿が設けられていることが多いのですが、ここ仁科神明宮は、神門があり、次に拝殿・中門・釣屋・本殿という配置になっていました。 正面に神門があるので、まずはこちらで参拝しました。 この神門も神明造で御祭神は伊勢神宮の内宮と同じ、天照皇太神をです。170622_124716.jpg 拝殿は、神門から一段上がった位置に建っており、格子戸で仕切られた内部には、鏡などが安置されており、背後には中門が配置されていました。170622_124601.jpg170622_124533.jpg 日本最古の神明造りの様式を正確に伝えることから本殿・中門は国宝に指定されています。170622_124512.jpg 仁科神明宮の社殿は、本殿の前に中門が構えられ、それら二棟を釣屋と呼ばれる廊下で連結した構成となっています。 屋根は、いずれも檜皮で葺かれていました。170622_124528.jpg 拝殿の右には初代御神木の大杉が今は根元のみ残されています。170622_124420.jpg 帰りに境内の周囲を改めて見回してみると、境内社もたくさん祀られていました。 国宝であることは、今まで知らずにいましたが、仁科六十六郷の総社として落ち着いた風格の残る神社でした。170622_124841.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント