INDEX    RSS    ADMIN

戸隠神社詣り

 戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる神社ですが、通常は、奥社、中社、宝光社戸隠三社と呼ばれています。

 この日は、五社のうちの宝光社と奥社・九頭龍社をお詣りしてきました。 まず始めに、宝光社からです。
170617_102936.jpg 宝光社の鳥居をくぐるとすぐ目の前に長い石段が続いています。 さほど段数はないのですが、急な石段でしたので、途中で一呼吸置きました。 杉の古木の中、270余段の石段をゆっくりゆっくり登っていくと、ようやく目の先に荘厳な社殿が見えてきました。
170617_102033.jpg170617_102048.jpg 今まで奥社と中社は何度も訪れていますが、ここ宝光社は、初めてです。 想像していたより趣のある見栄えのする社殿でした。 学問や技芸、裁縫、安産、家内安全、厄よけなどのご神徳があり、婦女子や子供の守り神とされます。  
170617_102259.jpg170617_102410.jpg  社殿右側の参道は、神道とされ、整備された自然豊かな参道が火之御子社〜中社まで続きますが、この日はすぐに奥社に向かいました。
 戸隠森林植物園の駐車場に車を停め、みどりが池を左に見ながら、緑豊かな森の中の木道を歩き、奥社参道入り口に向かいます。 
170617_120746.jpg170617_104431.jpg まっすぐ続く約2kmの参道(車両進入禁止)を登りきった場所にあります。  鳥居をくぐると平日でもいつも参拝に向かう人々の姿が途切れることなく続いています。 先が見えないほどの長い参道が続き、奥社の本殿までは約40分ほどかかります。 
170617_105341.jpg170617_110059.jpg 両脇の緑深い森の息吹を楽しみながら平坦な参道を歩いて行くと、中程には萱葺きの赤い随神門があり、その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています。
170617_110708.jpg170617_110951.jpg 随神門から先の杉並木の織りなす風景を眺めていると、まるでここからは世界が一変したかと思われるような神秘的な世界が広がります。
170617_110801.jpg170617_114108.jpg 参道入り口の鳥居から歩くことおよそ2km、杉並木を抜けて幾段ものきつい石段を登った先に「奥社」があります。 戸隠神社の御本社として全国に開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳が広宣され多くの崇敬者が登拝されます。
170617_112427.jpg 「奥社」の隣には「九頭龍社」が建っています。 「九頭龍社」は「奥社」よりももっと古い社で、元々この地に祀られていた神様だそうです。 
170617_112700.jpg 「奥社」は創建が紀元前210年といわれており、日本の神話と深く関わりのある霊験あらたかな神社。 また、奥社のそばにある九頭龍社の御祭神は、地主神である九頭龍大神で、生命の源の水を司る神様とされています。
170617_113207.jpg 古くから修験道場として知られている戸隠山の中腹にあり、ご神徳が高いため、パワーを授けてもらいに参拝客がたえない神社を後にして、再び緑豊かな森に挟まれた参道を下ります。 年配の方や小さな子どもまで、参拝者がいつも絶えない戸隠神社で、パワーをいただいて帰りました。
170617_115724.jpg170617_113441.jpg

スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは!
信州の魅力的な場所を沢山教えて戴き 有難うございます。
主人が退職して移住したら 絶対行ってみよう!といつも思いながら拝見しています。
大きな杉並木をくぐり抜けると 身体が浄化されていくような心持ちになるでしょうね。

しおんさんへ


こちらの方へもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
あちこちとり散らしており、お恥ずかしい限りです。
戸隠のこの杉並木、パワーポイントとして人気がありますが、
吉永小百合さんが出演したコマーシャルでこの場所は一層有名になったようです。
わたしも、しおんさんのブログで、軽井沢情報を随分いただいており、感謝しております。
非公開コメント