記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を待つ 駒ヶ岳千畳敷

 今まで何度か駒ヶ岳千畳敷に展開する大カールと可憐な高山植物の群落が美しく山を彩る周辺のお花畑を見に行きましたが、今回初めて6月に駒ヶ岳千畳敷を訪れてみました。

170609_123017.jpg

170609_123052.jpg

山頂付近の別世界へ一気に運んでくれるのが中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイです。  眼下には雪融け水が滝となって流れ落ち、所々に残雪が見られます。

170609_123447.jpg

170609_123505.jpg

 ロープウェイ山頂駅でもあるホテル千畳敷は、標高3000m。 ホテル周辺にはまだたっぷりの雪が残っているようです。 千畳敷はどんな状況なんだろうか…。

170609_130918.jpg

 足早にホテルの建物の中をしばらく行くと、信州駒ヶ岳神社が目の前にある外に出られます。 矢張りホテル千畳敷の周辺は雪は解けきらずにいます。 雪原の駒ヶ岳神社の前で数人の団体さんが、記念写真を撮っていました。

170609_131534.jpg

 ここが眼前に中央アルプス連峰の美しい景観を望む千畳敷の拠点です。 抜けるような青空を背景に中央アルプス連峰が美しい姿を見せていました。

170609_130728.jpg

170609_130743.jpg

 千畳敷カールを見下ろすと、一筋の小径が長く伸びています。 冬山の装備をしてきた方でしょうか、遙か遠くに二人の人影がゆっくりと移動していくのが見えました。

170609_131500.jpg

 ここは夏の間は可憐な高山植物の群生が山を彩るお花畑が広がっていたのですが、訪問したこの日はまだ6月、千畳敷は冬景色なのです。 見上げると、千畳敷のシンボル宝剣岳の雄姿が迫ってくるように大きく見えています。

170609_130749.jpg

170609_130834.jpg

 ここは春スキーのゲレンデにもなっているようですが、この日はスキーを楽しむ人の姿はありませんでしたが、きっとまだ一月位は春スキーができそうな景色です。

170609_131222.jpg

170609_131414.jpg

 山の天候は目まぐるしく変化します。 先程までは向けるような青空が一面に広がっていたかと思うと、あっと言う間にガスが巻いてきたりもします。

170609_131207.jpg

 本来ならば千畳敷カールを一周したいところですが、かなり滑りやすい状況なので注意する必要がありそうです。 カールの散策を断念し、もう一度宝剣岳の雄姿をしっかり目に焼き付け、予定より少し早めに再び下界の人になることに…。

170609_133015.jpg

 再びロープウェイに乗り込み、眼下に駒ヶ根市を見下ろしながら降りていくと、真ん中あたりで幟のロープウェイとすれ違います。

170609_133212.jpg

 彼方にくっきりと映える南アルプスが展望できました。 天候条件さえ整えば富士山を望むこともできるそうです。 3000mの別天地から雲海を見下ろし、一気に下っていきます。 普段はまず目にすることができないような大パノラマのすばらしさをかみしめつつ、再びマイカーのハンドルを握りました。

170609_133250.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wagtail

Author:wagtail
FC2ブログへようこそ!


カメラ片手にぶらりと出掛け、風景や自然を気軽に写真に写し取り、豊かな信州の原風景を楽しんでいます。

ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。