INDEX    RSS    ADMIN

垂れ桜咲く 光前寺

 長野県駒ヶ根市にある光前寺は、南信州随一の祈願霊場として広い信仰をあつめています。 早太郎伝説と光苔の寺、そして境内のしだれ桜と庭園が有名です。 庭園は国の名勝に指定されています。
 訪問した4月下旬は、ちょうど垂れ桜が見頃を迎えていました。 駐車場の車から出るとすぐに仁王門付近の垂れ桜が目に飛び込んできました。 雪化粧した中央アルプスと垂れ桜のコラボレーションは言葉では言い尽くせない美しさです。 仁王門から大講堂付近を中心に、およそ70本程の垂れ桜が植えられており、ちょうど満開の時期を迎えていました。 特にこの仁王門前の枝垂れ桜は実に見応えがあります。 仁王門をくぐると参道がまっすぐに延びており、講堂へ通じる杉並木の参道へと繋がっています。 桜の開花時期にはこうして大勢の参拝客で賑わいます。  境内には、約70本の桜が植えられており中でも仁王門から大講堂付近を中心としたシダレザクラが有名で、夜はライトアップもされるそうです。 垂れ桜のトンネルを過ぎるとやがて杉並木に至り、鐘楼まで来ると、大講堂の前の華やかさとは対照的に厳かな雰囲気が漂っています。 南信州唯一の三重塔は1808年に再建されたもので、中には五智如来が安置されています。 本堂の彫刻や美しい形の三重塔は必見の見事な建物です。 この光前寺は860年に本聖上人によって開かれたと伝わっていて、その歴史の古さが感じられ、まさに古刹と言えましょう。 早太郎のお墓と本堂をお参りし、心静かに参道を帰りました。 車上の人となる前にもう一度振り返ると、えも言われぬ桜色に彩られた仁王門と中央アルプスの峰々が輝いて見えました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

wagtail

Author:wagtail
FC2ブログへようこそ!


カメラ片手にぶらりと出掛け、風景や自然を気軽に写真に写し取り、豊かな信州の原風景を楽しんでいます。

ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR