INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪大社 ・ 四社詣り ~下社編~

長野県のほぼ中央にある下諏訪には、諏訪大社下社の秋宮・春宮の2社があり、年間を通して多くの参拝客が訪れます。


諏訪大社神社 ・ 春宮

 諏訪湖の北、下諏訪駅の北西にあり、大門通りからまっすぐ伸びる参道(車道)の途中に下馬橋が残っている。 鳥居をくぐると境内です。
 御影石の大鳥居は万治2年(1656)の建立と推定され、万治の石仏(後掲)と同じ作者と言われています。

160603_122956

 鳥居を潜り、正面に見えるのが神楽殿。 春宮の神楽殿は、秋宮のものに比べ規模が小さく、軒下の桁に大きな注連縄を付ける様式は一緒だが、秋宮の1トンあるといわれるものよりもかなり小さなものとなっています。 

160603_123125


160603_123501

                             春宮一之御柱と 二之御柱

160603_123442  160603_123211  

 二重楼門造りの拝殿で、国の重要文化財になっています。 拝殿の左右の建物を “片拝殿” といい、やはり重要文化財に指定されています。

160603_123220

 
 春宮からちょっと歩いた田んぼの中に、高さ2メートル程の石仏が鎮座しています。 胴には万治3年(1660年)と刻まれており、そこから 「万治の石仏」 と名づけられたようです。

160603_131530

  かなり巨大なのでインパクトがあります。 日本版モアイともいわれ、「芸術は爆発だ!!」 の岡本太郎さんが大絶賛されたこともあり、訪れる人が増えているパワースポットです。

160603_131746



諏訪大社神社 ・ 秋宮

 秋宮は春宮から東方面に約1キロ離れたところにあり、徒歩だと約15分程度でつきます。

160603_153324

 大注連縄が飾られた三方切妻造りの神楽殿。 両脇の狛犬は、青銅製で日本一の高さ(170cm)。

160603_153058

 目を引く 「大きなしめ縄」 は、地元の下諏訪町の氏子有志による大しめ縄奉献会の方々が出雲から職人を呼び作らせたものだそうです。 
 出雲大社のしめ縄とよく似ていますが、長さが13メートル、重さは500キロくらいといわれ、出雲大社型のしめ縄では日本一の長さを誇るそうです。

160603_152606

幣拝殿、神楽殿ともに国の重要文化財です。

160603_152747

 拝殿・御宝殿後方のご神木(一位の木)がご神体で、本殿を持たない原初的な神社形態。

 下社も社殿四隅の御柱が圧倒的なパワーを放っています。 秋宮一之御柱と二之御柱。

160603_152947  160603_152819

160603_152632








スポンサーサイト

コメント

KEYWORDS:
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。