INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犀川白鳥湖(豊科)の白鳥

昨年は、安曇野の白鳥を見に行くことができませんでした。今年は、初めて 「御宝田遊水池」 に行ってみました。
所が、残念なことにどこかにお出かけとみえ、白鳥の姿は一羽も見ることができませんでした。

img_3488.jpg

そこで、以前行ったことのある 「犀川白鳥湖(豊科)」 にまわってみました。犀川白鳥湖の方は、平成18年夏に起きた豪雨災害の復旧工事に伴い、形状が大きく変わったと聞いています。心配していって見ましたが、いましたぁ。

imgp1225.jpg

今年、安曇野に飛来している白鳥は、12月10日現在で 282羽だそうです。わたしが訪れた10日(10時頃)は、16羽のコハクチョウが見られました。2年前に比較すると随分数が少なく、ちょっと落胆しました。(訪れた時間帯がいけなかったのでしょうか…)

imgp1240.jpg

imgp1233.jpg

それでも、見学にみえた方が餌らしきものを与え始めると、たくさんのカモ類に混じってコハクチョウも寄ってきました。
時には人の手から餌をとる白鳥も見られました。

imgp1236.jpg

ちょっと数が少なめでしたが、情報把握も甘かったかな…。

imgp1232.jpg

一山越えた遠方から折角やって来ましたが、自然相手故、こんなこともあるでしょう。

img_3475.jpg

訪れた子ども連れの家族の姿がほほえましく映ります。

imgp1234.jpg

今回は残念な羽数しか見られませんでしたが、天候と休みの条件が整ったとき、是非もう一度訪れてみたいものです。
もっと壮観な数の白鳥の姿に接することを期待して…。

imgp1237.jpg

スポンサーサイト

コメント

KEYWORDS:

お目当ての白鳥は少なかったみたいですが
すごい数のカモ、カモ、カモ、、、
マガモ、ホシハジロ、オナガガモ、キンクロハジロ、、
写真が大きいので、楽しめました。
オナガガモは、寒い地方が好きなのでしょうかね。
私がよく行っている市内の池には、オナガガモは珍しく、今年は1羽ぐらいしかいません。

いく@しずおかさんは、水鳥にも詳しいんですねぇ。
わたしは、水鳥は図鑑と首っ引きです。
オオバンは、始めてみました。
白い額は光沢があり、赤い目がまた独特な雰囲気でした。
これは、一見しただけで覚えられました。
そうそう、このオオバンも他のカモからは離れていましたよ。
おっしゃるとおりここは、オナガガモが断然多かったです。
この白鳥湖の前に寄った「御宝田遊水池」では、白鳥はいませんでしたが、
カモ類が足下で丸くなって眠っており、
その間をわたしの方が遠慮しながら縫って歩くような状態でした。

これだけの数の野鳥さん コハクチョウに混じっておおくのカモ 全く平和ないい光景です。こちらまで 幸せな気持ちになりました。
南九州の中央山地の宮崎・五ヶ瀬ハイランドスキー場が昨日オープン 多くの待ちかねていた人たちで大賑わいだったとか。
九州でもそんな話題が聞かれるような頃になりました。 

山帽子さん、いよいよ九州も初冬の準備に入りましたね。
スキーのメッカに住んでいながら、わたしはやりませんが、
(スケートなら自信あり…、お任せ!)
いよいよスキーシーズン到来ですね。
スキーをなさる山帽子さんには応えられないでしょう。
白鳥も鴨も一昨年に比較するとかなり少なくて、ちょっとがっかりでした。
この冬、さらに羽数が増え、チャンスが整えば、再訪したいと思っています。
確か山帽子さんの最近のHPの最後の方の写真に
白い水鳥がたくさん写っている写真がありましたよね。
あの鳥は、何だろうと気になったのですが…。

豊科の白鳥湖有名ですね。
豊科ICから降りると程なくして右手に案内がありますね。
いつも山に急ぐ余り、気になってはいましたが立ち寄ったことはありませんでしたので、見せていただけて嬉しいです。
私の近くにも数羽訪れる湖がありますが、どこかにお遊びに出かけることがあるようで湖にはいないときがありました。
時間帯もあるのかもしれませんね。
一山越えられたところにこんないい場所があって羨ましいな。
私も白鳥さんの写真が欲しいな。

ベニマシコさん、今年の犀川の白鳥湖の羽数は、
昨年の災害のせいか、とっても少ないです。
初めて御宝田遊水池に行きましたが、空振りでした。
消化不良状態でスッキリしませんので、きょうは午後訪問しました。
いましたよ~。
感動的でした。
写真お届けできそうですよ。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。