INDEX    RSS    ADMIN

「アブトの道」を歩く (1)

いつものように、その朝になって、「どこかに行こうか」という話が出る。
軽井沢という事も考えたが、その先の「碓氷峠」まで足を伸ばすことにした。

まず、地図で調べて「碓氷湖」を訪ねてみたが、流木が湖面に浮かび見苦しく、景観を損ねていた。
しかも、ここは、湖と言うよりダムといった方がいいだろう。「坂本ダム」とも記されていた。

%2814%29.jpg

対岸に見えるアーチ形の橋は、きっと後で訪れる予定の
「めがね橋」に似せて作ったのだろうと思われる。

%2815%29.jpg

堰堤から流れ落ちる水の模様がおもしろかった。

%2816%29.jpg

まずは、懐かしいおぎのやの「峠の釜飯」を食べ、腹ごしらえをした。
以前「横川駅」のホームで立ち売りしていたのだが、
今は、ドライブインで当時と変わらない味を楽しめる。


かつての碓氷線の鉄道基地であった横川運転区に「碓氷峠鉄道文化むら」があるので、
そこでこれから歩く「アブトの道」について予備知識を得ていくことにした。

%2817%29.jpg

訪れた日は、偶然に「鉄道の日」と言うことで、入場無料でした。
(知らずに訪れたのですが、普段の入園料は、大人500円の入場料です。)

%281%29.jpg

EF63電気機関車など名車両が、24両展示されており、運転台に上がることもできる。
鉄道マニアにとってはたまらない文化村だろう。

%282%29.jpg

%283%29.jpg






スポンサーサイト

コメント

KEYWORDS:
非公開コメント