INDEX    RSS    ADMIN

戸隠神社奥社参道を歩く

 梅雨が空け、35℃を越える猛暑続きの日、仕事休みを利用して暑さしのぎに戸隠高原を訪れました。 戸隠高原を訪れるのはほとんど戸隠森林植物園の散策が中心でしたが、今回は久しぶりに戸隠神社奥社参道を歩き、奥社の参拝をすることにしました。

01


02


03


 参道に入るとやはりたくさんの人で溢れていましたが、この時期はいつもの観光客が多い光景とは違い、高原学習でもしているのでしょうか、県内外から訪れている中学・高校生の姿が目立ちます。
 
 参道脇の森は、右左ともうっそうとした森が広がり、深緑に覆われています。 下界は35℃を超す猛暑だというのに、緑のトンネルを思わせる参道には清々しい空気感が漂っており、ほとんど暑さを感じさせません。

04

05

 およそ20分近くほぼなだらかな参道を周囲の緑を楽しみながら歩くと、目の前に茅葺き朱塗りの柱という趣のある随神門が迫ってきました。 ここは格好の休憩場所となり、三々五々場所をとっては休んだり記念写真を撮ったりする人の姿で溢れています。

 

06


07

 この随神門をくぐると今までの眺望が一変し、圧倒的な存在感を示す杉の巨木が目に飛び込んできます。 両側に連なる苔むした巨木の杉並木が、山岳信仰の雰囲気を創っています。 歴史ある杉並木の見事な景観で、天然記念物にも指定されている樹齢が約400年の杉並木が続きます。
 以前、JR東日本の大人の休日倶楽部CMで吉永小百合さんがここを訪れるシーンが放映され、このCMで “パワースポット” として人気上昇し、今ではすっかりと観光ポイントとなっています。

08

09      10

  杉並木の中程には、CMの撮影の際に吉永小百合さんの入った注連縄が張られている杉の木もありました。

11

 ダラダラした坂道をゆっくり登りながら歩くと疲れが出てきたのを見計らって最後の試練を与えるように長い階段が現れました。 ちょっときつい階段ですが、これを登り切るといよいよ戸隠神社奥社です。 登る人下る人、それぞれに挨拶を交わしながら、目的地目指して、黙々と歩き続けます。

12


13


14


 
 随神門からおよそ25分、上り詰めた階段の先に奥社が目に入りました。

15


16


 ここ戸隠神社奥社の御祭神は、天照大神が天の岩屋に隠れた時、無双の神力をもって天の岩戸を開いたといわれる天手力雄命 (あめのたぢからおのみこと) です。 戸隠神社の本社として開運、心願成就、五穀豊熟などの徳を求めて県内外から多くの参拝者が訪れています。

17


18


 奥社のお参りを済ませ、一息入れた後、北参道を随神門までとって返しました。 そこから先は、人混みを避け随神門から右側の戸隠森林植物園の遊歩道を歩くことにしました。

19


うっそうとした緑の森を楽しみながら、整備された木道を小鳥の声を耳にしながら歩き、やがてみどりヶ池に到着です。 水面に映り込む森の姿もまたいいものです。

 ほとんど暑さを意識せずに歩いた道ですが、また意を決して、35℃を超す猛暑の下界へを車を走らせるのです。

20


21


22


23



スポンサーサイト