INDEX    RSS    ADMIN

我が家の「ミニミニ百合園」

あちこちから、百合の写真が届けられるようになりました。
我が家の玄関先にも 「ミニミニ百合園」 があります。
昨年 「軽井沢プリンス百合園」 で買い求めたものです。

数日前から、その百合が開花し始めました。

img20070624.jpg

img20070624_1.jpg

種類は少なく、規模も小さいですが、結構見栄えがし、華やかです。

img20070624_2.jpg

img20070624_3.jpg

img20070624_4.jpg

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
この言葉も、何となく頷けます。

img20070624_5.jpg

img20070624_6.jpg
スポンサーサイト

初夏の鎌倉を行く(1)

我が家の一大イベントをまた一つ終えた。 好天に恵まれ、最高のイベントとなった。
親として感慨無量なるものを感じる。 今はただ、幸せを祈る気持ちで一杯である。
忙しい日々ではあったが、親としての大仕事をやり遂げた思いで今日を迎えられた。

ホットした思いで、心静かに、 「初夏の鎌倉」 を訪ねた。

東慶寺

img20070619.jpg

東慶寺の階段を上がる。紫陽花がきれいだ。

img20070619_1.jpg

img20070619_2.jpg

img20070619_4.jpg

img20070619_5.jpg

img20070619_6.jpg

「イワタバコ」の花

img20070619_7.jpg

img20070619_8.jpg

花菖蒲が、最後の輝きを放つ。

img20070619_9.jpg

初夏の鎌倉を行く (2)

浄智寺

img20070619.jpg

入り口に置かれた 「人力車」

img20070619_2.jpg

日程の都合で、入園は果たせず。

img20070619_1.jpg


明月院

img20070619_3.jpg

鎌倉の三大「紫陽花寺」の一つ

img20070619_4.jpg

img20070619_5.jpg

青色系統の紫陽花が中心に植え込まれている

img20070619_6.jpg

img20070619_7.jpg

枯山水

img20070619_8.jpg

img20070619_9.jpg

初夏の鎌倉を行く (3)

「亀ケ谷坂切り通し」 を抜け、「北鎌倉」より「鎌倉」に場所を移す

img_1496.jpg


海蔵寺

img20070619.jpg

春に鎌倉に寄ったときには、立ち寄れなかったお寺だ。

img20070619_1.jpg

小さなお寺であったが、人が少なく落ち着いた一時を過ごせた

img20070619_2.jpg

img20070619_3.jpg


鎌倉の大仏

img20070619_4.jpg

今回の締めくくりは、定番の 「大仏」 何十年ぶりかの再会となった

img20070619_5.jpg


我が家の初イベントのため、慌ただしくすごしてきたここ数日
大変な日々であった。  紫陽花ねらいで訪れた今年二回目の鎌倉
静かな平常心に我が身を置き、また新たなスタートを切る

ホオジロの不可解な行動

ホオジロが道ばたで変わった動きをしていた。
羽を半開きにして、歩いていく。
幼鳥がよくやる餌ねだりに似ている。
レンズを通して観察すると幼鳥でなく、確かに成鳥の雄だ。

imgp9517.jpg

近づいても飛び去ろうとしない。
まるで、私の気を引きつけているように羽を引きずるようにして、少しずつ移動していく。
千鳥類は「擬傷行動」をして雛を守るという話は知っているが、ホオジロもそれをやるのだろうか?

imgp9521.jpg

さらに近づくと、脇の蛍光灯に移動し、その場で囀りを始めた。
やはり、ホオジロの成鳥・雄なんだ。

imgp9529.jpg

雛が近くにいるのだろうか? 遠くに逃げることがない。

imgp9545.jpg

さらに1メートルほど移動し、松の枯れ枝で囀りが続く。

imgp9558.jpg

道路上の行動は何だったのだろうか?


緑深まる千曲高原 「大池」

冬と春先に訪れた、千曲高原の「大池」6月4日(月)に訪ねてみた。
白樺もすっかり緑の色が増している。
男性が一人白樺林で、テントを張っていた。

%281%29.jpg


「レンゲツツジ」が見頃であると聞いたが…

%282%29.jpg

レンゲツツジの株も少ない上、花付きもパッとしない。

%283%29.jpg

それでも、レンゲツツジの花には、蜂が訪れていた。

%284%29.jpg


目を唐松林に転ずると、もう新緑が…

%285%29.jpg


%286%29.jpg

水面に映る山並みの緑がきれいだ。

%287%29.jpg


冬の大池の情景は、下のような墨絵を連想する風景だった。

%288%29.jpg

ほぼ同じ場所の現在の風景

%289%29.jpg

晴れ渡った青空が、池の水面に映える

%2810%29.jpg

バラの香り(1)

ハイテクの町「坂城町」の千曲川縁には「さかき千曲川バラ公園」があります。

満開の薔薇よりより、咲き始めの方が好きでしたので、2~3分咲きの早めの時期に訪れてみました。

ここの広さは、約7,000㎡、そこに 190種、1500株の薔薇が植栽されています。

img_1125.jpg

img_1127.jpg

img_1128.jpg

img_1129.jpg

img_1130.jpg

img_1132.jpg

img_1134.jpg

img_1135.jpg

img_1136.jpg

img_1138.jpg

バラの香り(2)

img20070605.jpg

かぐや富士


img20070605_1.jpg

クウィーン エリザベス


img20070605_2.jpg

グレンドーラ


img20070605_3.jpg

サマー レディー


img20070605_4.jpg

サマア モルゲン


img20070605_5.jpg

ダイアナ プリンセス オブウェ


img20070605_6.jpg

タイムレス'98


img20070605_7.jpg

ハマナス白八重


img20070605_8.jpg

プリンセス ドゥ モナコ


img20070605_9.jpg

ブルー ムーン


玄向寺 (ぼたん寺・松本市)

いつものように突然、出かけることになった。
車に乗ってから「どこへ行こうか?」と、こんな調子…。
目的地ではなく、出かけることが目的かな。

友達が松本の玄向寺に牡丹を見に行ったというので、そこに行こうと言うことになった。
この時期牡丹はもう散り落ちているのではないかと思われたが、されでも出かけるのはいつものパターン

1.jpg

こぢんまりとした趣のある寺でした。 別名「ぼたん寺」と呼ばれているそうです。
やはり予想通り、殆どの牡丹はすでに散り落ちた後でした。

2.jpg

それでも、わずかな花を写真におさめてきました。


3.jpg

春4月下旬~5月下旬には、参道をはじめ、境内には、赤やピンクの鮮やかな色から、
黄色や濃い紫など、120種、1200株のぼたんが咲き誇りるといいます。

4.jpg

中には135年を経た老ぼたんもあり、県内をはじめ全国各地から見物客が集まるそうです。

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

来年の5月、もう一度訪れてみたい

10.jpg