INDEX    RSS    ADMIN

冬越しした蛹

日課の犬の散歩中、山道で見つけた蛹
何かの我の蛹だと思われる
薄い黄緑色がすぐに目に止まり、それと分かった
今は芽吹き前なので、よく目立ったが、
新緑の時期には保護色となって見つけにくくなるのだろう

p3270002.jpg
スポンサーサイト

風になびく羽

数日前までは、日差しが強くなってきたもののほおをなでる風はまだ冷たかった
でも、この頃の風は、随分温かく感じる
小枝に引っかかった白い羽が、吹く風に静かにたなびく
穏やかな一日がゆっくりと暮れる

imgp8636.jpg

ジョウビタキ (雌)

クリッとした目がこの上なくかわいい
旅立ち間もないジョウビタキの雌が、連日同じ場所に姿を見せた
まるで、わたしを待っていたかのように…
ますますかわいらしさが増すというもの

img20070326.jpg

img20070326_1.jpg

img20070326_2.jpg

夕焼けと飛行機雲

いつものように犬の散歩に裏山に出掛ける
犬のためでもあり、わたしの健康管理法でもある
ふと空を見上げると、空を二分するように飛行機雲が西に向かってのびていく
珍しくうっすらと赤く染まった空の彼方に、飛行機雲は消え入った

p3230003.jpg

鎌倉へ (4) 東慶寺・円覚寺

鎌倉駅から北鎌倉駅まで徒歩で楽しむ

北鎌倉駅近くにはお寺がたくさんあり、

余り移動に苦労せずに多くのお寺を訪問させていただいた


東 慶 寺

img20070320.jpg

img20070320_1.jpg

img20070320_2.jpg



円 覚 寺

img20070320_3.jpg

円覚寺山門


img20070320_4.jpg

円覚寺仏殿


img20070320_5.jpg

img20070320_6.jpg

円覚寺・洪鐘(国宝)



朝7時過ぎ家を出て、夕方、まだ明るい内に帰宅

新幹線だからこそできる技

心静かに、ゆったりと時間が流れた鎌倉を振り返る

命の洗濯、そんな言葉がぴったりの一日が暮れる



鎌倉へ (3) 浄智寺

5代執権北条時頼の菩提を弔うために創建された浄智寺に向かう

ここは、四季折々の花が咲くというが、クリスマスローズ、サクラソウなど、多くの花を見掛けた


浄 智 寺

img20070320.jpg

浄智寺山門


img20070320_3.jpg

img20070320_4.jpg

img20070320_1.jpg

曇華殿

img20070320_6.jpg

img20070320_2.jpg

img20070320_5.jpg

鎌倉へ (2)・薬王寺・建長寺

鶴岡八幡宮寿福寺を参拝した後、亀ケ谷坂切り通しを経て、建長寺に向かいました

鎌倉といえば切り通しを欠かすことはできないでしょう

徒歩でおよそ20分、少し汗ばむほどの陽気です


薬 王 寺
img20070320_5.jpg

img20070320_6.jpg




建 長 寺

img20070320_3.jpg

img20070320.jpg

img20070320_1.jpg

img20070320_2.jpg

地蔵菩薩座像

img20070320_4.jpg


鎌倉へ(1)・鶴岡八幡宮・寿福寺

時には、 「電車に乗ってどこかに行ってみたい」 と思うことがあるものです

きょうも、急にそんな思いに駆られました

以前から「行こう、行こう」と話していた鎌倉に出掛けた

朝、7児過ぎ雪舞う我が家を発ち、10時半頃には、青空広がる鎌倉に降り立った

まずは、鶴岡八幡宮のお参りを済ませ、鎌倉~北鎌倉の寺巡りをして歩く


鶴岡八幡宮

img20070319.jpg

img20070319_1.jpg

img20070319_2.jpg

鶴岡八幡宮の人の多さには参りました

やはり神社仏閣を回るには、静寂さが何よりです


寿福寺

img20070319_3.jpg

参道脇の苔がとても素敵だ

img20070319_4.jpg

「別れ」 そして 「旅立ち」

どんなことにも 「幕引き」 の時は必ず訪れるもの

3月は、 「別れ」 と 「新たな旅立ち」 の時

その時を終えた今、静かに振り返っても、まだ格別な感慨はわいてこない

最後まで列席できずに、わたしの部屋で渡した一枚の特別な思いを込めた証書

「慌てなくてもいいよ いつかは動き出せる時がくる 大丈夫だよ」

期待を込めて手渡した証書の感覚だけが、この手に残る

今日一日の皆さんの温かい心遣いが嬉しかった

いただいた 「花束」 がとても重く感じた

実に多くの方々に支えていただいた

わたしにとっての人生の大きな舞台の 第一幕 

非力なわたしにも無事に下ろすことができた

最後の幕引きを半月後に控えて…


今日の記事に関わる写真がない  今の気持ちに近い再掲の写真を

sirasagi8177.jpg

朝のひととき・北向観音

朝6時、さすがに人の姿はない

朝焼けがおさまり、日が昇り始めた頃、本堂に明かりがともった

まもなく太鼓の音が響き、読経の声が聞こえてきた

風呂帰りの地元の方が、足を止め、本堂に向かって手を合わせる

また一人…、賽銭箱にコインが投げ込まれた音が本堂に響く

別所温泉の一日が動き出した

大きな節目の日を数日後に控えた、静かな朝の一時

imgp8310.jpg

imgp8303.jpg

imgp8304.jpg

imgp8305.jpg

imgp8307.jpg

整列 !! (ヒレンジャク)

「やったーっ!」

初めてヒレンジャクを見掛けることができました

100羽以上にも及ぶ群れで飛び交っています

大群が木の枝に整列して止まる姿は、壮観でもあり、美しくもある

imgp8239.jpg

imgp8237.jpg

imgp8241.jpg

白鷺

ポカポカ陽気に誘われて、千曲川に出掛けた

河川工事のため、緩やかになった流れの中で

ダイサギコサギが、穏やかな春を楽しんでいるかのように

温かな日差しを浴びて、過ごしていた

img20070304.jpg

img20070304_1.jpg

セツブンソウ

春を告げるセツブンソウ

今年のこの温かさですから、昨年より随分早い開花です

カメラマンも何人かおりましたが、中にハーモニカを吹いている方も…

セツブンソウの群生地に流れる「早春賦」のハーモニカの調べ

なかなか風情があるものです。

見ず知らずの方とも朝の挨拶が自然に交わせる

そんな雰囲気もまた好きです。


img20070304.jpg

img20070304_1.jpg

img20070304_2.jpg

img20070304_3.jpg