INDEX    RSS    ADMIN

蜂の巣

「最近、随分暖かくなったな」と思っていた矢先
昨日、一昨日の雪降りで、一気に冬に逆戻りした感じ

信州の木々には、まだ葉の緑は見えてこない
枝だけの木々には、葉のあるときには見えない、色々なものが見える。
「大きな蜂の巣」「小さな蜂の巣」も見られた。

 
img20060331.jpg


img20060331_1.jpg
スポンサーサイト

雪の木崎湖

きょうも夕方から、雪がちらついた。
いつもの日課になっている夜の犬の散歩も、今夜は北風の冷たさが辛い。

そう言えば、昨日木崎湖に立ち寄ったときも、2~3㎝の積雪であった。
「三寒四温」とはよく言ったもの、「春」と「冬」が交互にやってくる
「春」と「冬」の綱引きで、やがては春・春・春……

img20060330.jpg

わさびの花

img20060329.jpg


img20060329_1.jpg


img20060329_2.jpg


昨日と今日、安曇野周辺を訪問

碌山美術館、安曇野ワイナリー、池田町ハーブセンター、絵本美術館・森の家、ちひろ美術館、木崎湖等の足を伸ばす。

締めくくりに寄ったのが、この「大王わさび農場」
雪が舞う、北風の強い午後であったが、わさびは、けなげに白い花をつけていた。

花摘みの作業が盛んで、この農場では、この作業は、春の訪れと共にやってくる
間もなく、ここも本格的な春が来よう。

四賀の「福寿草」群生地

img20060326.jpg

四賀の福寿草を見に出掛けました。
およそ50万株が群生する自生地です。
時期はちょっと遅かったけれど、
まだまだ見られました。

img20060326_2.jpg

福寿草は、江戸時代より、新年を祝う花として栽培され、
「福寿草」(幸せで長生きをする意)と書き表される。

img20060326_1.jpg

上から斜面を見下ろすと、
黄色い花の多さに圧倒されます。

img20060326_3.jpg

普段は静かな山村も、この時期には多くの観光客が訪れ、
にぎわいを見せます。

img20060326_4.jpg

モズ

img20060325.jpg


年度末の忙しい日々
気分転換に、いつものように千曲川に立ち寄る。

モズが、まだ葉芽の見えない灌木に姿を見せた
クリッとした、つぶらな目がかわいい

ホオジロ

img20060325_1.jpg








千曲川のカワヤナギ(ネコヤナギ?)も、ふさふさのコートを脱ぎ、開花が始まりました。

つい嬉しくなって、カメラを向けました。

春遅い信州にも、ようやく春が巡ってきました。











そう言えば、今まで地鳴きで遠慮がちに鳴いていた野鳥たちも、
爽やかな “囀り” を聞かせるようになっています。
このホオジロの囀りは、いつ頃から聞かれるようになるだろうか。

img20060325.jpg

笠取峠の松並木

matunamiki.jpg


12日、笠取峠に行ってみました。

浅間山の写真を撮るのが目的でしたが、残念ながら、肝心の浅間山が雲の中。

峠近くに、「松並木」がありましたので、寄ってみました。

歩道は、石畳にこそなっていましたが、並木を歩いていると不思議と侍の時代に、タイムスリップした気持ちになります。

何となく、周囲のしっとりした雰囲気を感じている自分の存在に気づきます。

人影は、少ないけれど、カメラマンの姿も見えました。

やはり撮影ポイントのひとつでしょうか。

浅間山

img20060321.jpg


用があり、佐久市に出掛けました。
ここまで来ると、浅間山が気になります。

しかし、満足いくような、いいポイントが見つかりません。
必ず、電線や建物がじゃまになります。 悲しい
そこで、狙ったのは、ジャスコの屋上駐車場でした。

こんな時こそ望遠レンズが、ものをいいます。 笑顔
この機会には、更に良いポイントで、もっとシャープな浅間山を。

節分草

img20060318_4.jpg

img20060318_2.jpg









先週の休みは雨にたたられ、行くことができませんでした。


きょうも雲行きが怪しいので、早朝に出掛けました。


まだ、どなたも見えていません。


朝の冷気を感じながら、一人林を歩きました。


林の中から、イカルの澄み切った鳴き声が聞こえてきます。



img20060318.jpg

img20060318_1.jpg

img20060318_3.jpg

初めて見る「節分草」、はやる心を抑えて、一歩一歩湿った林道を歩きました。

可憐な、美しい「節分草」の群落が見えます。

初めての出会い。

保護のため、綱が張られているため、撮影は思うにまかせません。

周辺の節分草を、可能な限りレンズで引き寄せ、撮影しました。

あとはしっかり目に焼き付けました。

撮影帰り、やはり節分草の撮影に見えたのでしょうか。二組のご夫婦と行き会いました。

同じ思いで歩を進めておられるご夫婦の後ろ姿がほほえましく映ります。

福寿草

img20060311.jpg

我が家の庭にも、春が訪れた
ここ数日のポカポカ陽気
草花の芽が一気に動き出した  (^^)/
フキノトウも、庭のあちこちで顔を出した
蕗味噌で楽しめそうなフキノトウを採ることができた
少し前まで、枯れ葉の下だった、福寿草も、強う陽ざしを浴びて、開花した

姨捨の棚田

tanada2.jpg

tanada.jpg

tanada3.jpg

tanada1.jpg

傾斜地に広がる2000枚にわたる棚田
遠くに千曲川の流れを望む
周囲の山との景観から、「棚田百選」にも選ばれた景勝地でもある

福寿草

IMGP2106.jpg

四賀村の福寿草祭も近く、開花していると掲示板で知る

今朝、「我が家の福寿草は…」と思い、外に出てみた

盛り上がっていた枯れ葉を一枚取り除いてみると、ありました!
(^_^)v
開花を楽しみに、また枯れ葉をそっと戻した