INDEX    RSS    ADMIN

信州 善光寺の初詣

 正月気分が抜けた頃、例年のように人混みを避けて善光寺に初詣に出掛けました。
 正月に比べると参拝者の人影も随分少なくなっている参道入り口からしばらく歩くと、すぐに仁王門が見えます。
180111_132450.jpg
 仁王門は1752年に建立されましたが、善光寺大地震などにより二度焼失し、現在のものは1918年に再建されました。 この門には善光寺の山号である「定額山」の額が掲げられています。
180111_132250.jpg
 仁王門をくぐる先には山門が見渡せますが、境内の入り口から山門まで約400mの石畳が続いています。 全部で7,777枚の石畳が敷き詰められているといわれています。
180111_130025.jpg
 献燈の提灯をくぐると、すぐ右側に六地蔵が並んでいます。 1759年に浅草天王町祐昌が願主となって造立されましたが、昭和19年に金物供出に出されてしまいました。 現在の六地蔵は昭和29年に再興されたものです。
 六地蔵とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の6つの世界で我々衆生を救ってくださる菩薩様です。
180111_130117.jpg
 奥に見える一回り大きな地蔵尊は、延命地蔵尊です。 江戸の大火を出したといわれる八百屋お七の霊を慰めたものという伝承が伝えられているため、俗に 「八百屋お七のぬれ仏」 とも呼ばれています。
六地蔵を過ぎると目の前に重要文化財の山門(三門)があります。
180111_130051.jpg
 1750年に建立された二層入母屋造りの門です。 屋根は大正年間の葺き替え時に檜皮葺きとなりましたが、平成14年から19年にかけて行われた平成大修理において、建立当時と同じサワラの板を用いた栩葺き(とちぶき)に復原されました。
 楼上には輪王寺宮筆の「善光寺」と書かれた額が掲げられています。 これは通称「鳩字の額」と呼ばれており、3文字の中に鳩が5羽隠されています。 更に「善」の一字が牛の顔に見えると言われ、「牛に引かれて善光寺参り」の信仰を如実に物語っています。
180111_130706.jpg
180111_131442.jpg
 本堂の正面手前、向かって右手にある平屋の建物内には、参詣者の皆様にお守りやお数珠などをお分けしている「授与品所」と、ご供養・ご祈願のお申し込みやご朱印の受付を行っている「勧募窓口」があり、大勢の人が立ち寄っていました。
 善光寺本堂前の大香炉は、参拝者がお線香を入れ、その煙を体に浴びるため立ち寄る、善光寺参拝になくてはならないものです。 大香炉から出る線香の煙を身体につけると、無病息災、病気平癒にご利益があると言われています。
180111_130825.jpg
 本堂は創建以来十数回もの火災に遭いましたが、そのたびに善光寺を慕う全国の信徒によって復興されてきました。 現在の本堂は1707年の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。
 間口約24メートル、奥行き約54メートル、高さ約26メートルという国内有数の木造建築で、T字型の棟の形が鐘を叩く撞木(しゅもく)に似ていることから「撞木造り」と呼ばれています。 屋根は総檜皮(ひわだ)葺きです。
180111_130755.jpg
 本堂の左手には、重要文化財の経蔵があります。
180111_131320.jpg
 1759年に建立された宝形造りのお堂です。 内部中央には八角の輪蔵があり、その中には仏教経典を網羅した『一切経』が収められています。 輪蔵に付属している腕木を押し回すことでこの『一切経』を全て読んだことと同じ功徳が得られるといわれています。 また、経蔵内には輪蔵を考案した傅大士、並びに伝教・慈覚の両大師像が祀られています。
180111_130500.jpg
 大勧進には本堂の万善堂の他、無量寿殿・不動堂・地蔵八角円堂・紫雲閣・宝物殿・僧侶が修行をする聖天堂などがあります。
 善光寺境内では、善光寺、大本願、大勧進、釈迦堂の4箇所で御朱印をいただくことができますが、この日は、ここ大勧進で御朱印をいただき、今年の初詣を終えました。 後日、別所の北向観音に詣り、両詣りを成し遂げたいと思っています。
180111_130432.jpg

スポンサーサイト

紅葉鮮やかな若穂の清水寺

 ぼたん寺として有名な長野市若穂保科の清水寺ですが、秋には、イロハモミジやヤマモミジ、ミネカエデ、イタヤカエデなど200本近くあるカエデ科の木々が色づき、美しい紅葉の景勝地となります。
 参道沿いにモミジの木が並ぶ様子は圧巻で、足元には絨毯が敷かれたように真っ赤な落葉が敷き詰められるのもまた趣を感じさせます。171114_100328.jpg171114_100839.jpg171114_100944.jpg171114_100812.jpg171114_101034.jpg171114_101333.jpg171114_101448.jpg171114_102519.jpg171114_102827.jpg171114_102934.jpg171114_103116.jpg171114_103808.jpg171114_104106.jpg171114_104225.jpg171114_104249.jpg171114_104607.jpg

初秋のおばすて棚田

 長野県千曲市のJR篠ノ井線「姨捨駅」付近に 「おばすての棚田」 と呼ばれる広い棚田が広がっています。 ここおばすての棚田は、棚田としては全国で初めて国の名勝に指定され 日本の棚田100選にも選ばれています。IMGP0930.jpg 姨捨(おばすて)の棚田は、千曲川を見下ろす斜面に田が広がる美しい光景、「田毎の月」で古くから知られる名月スポット、姨捨伝説に由来する地名で有名になっています。IMGP0908.jpg 姨捨駅から千曲川に向けた傾斜地には、小さな緑色の棚田が続きます。 ずっと見渡す眼下には2000枚の棚田が広がり、その先には千曲川が流れ、長野市・千曲市の街並みが広がっているのが見えます。IMGP0913.jpgIMGP0912.jpgIMGP0915.jpg ご覧のように雄大な眺望と棚田の景観が美しい場所で、長野県民は元より、県外からも写真愛好家や鉄道好きな方々を中心に知られています。 大小約2000枚近くある水田が織りなすこの美しい景観に魅かれて、写真愛好家や、ハイカー、観光に見えた方等がたくさん訪れています。IMGP0918.jpgIMGP0923.jpgIMGP0931.jpg この日は残暑厳しい暑い日でッしたので、さすがに農作業をする農家の方の姿は数えるほどでしたが、まだ緑色の稲穂も頭を垂れ始めていました。 やがてこの稲穂も黄金に色づき、稲刈りが始まる日も近いのではないかと思います。IMGP0940.jpgIMGP0937.jpg 今回は稲刈り前の棚田を訪れましたが、春の田植えから秋の稲刈りまでの季節のみならず、冬は雪の棚田が絵になり、四季折々その美しさを楽しむことができる絶景のスポットです。

戸隠神社詣り

 戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる神社ですが、通常は、奥社、中社、宝光社戸隠三社と呼ばれています。

 この日は、五社のうちの宝光社と奥社・九頭龍社をお詣りしてきました。 まず始めに、宝光社からです。
170617_102936.jpg 宝光社の鳥居をくぐるとすぐ目の前に長い石段が続いています。 さほど段数はないのですが、急な石段でしたので、途中で一呼吸置きました。 杉の古木の中、270余段の石段をゆっくりゆっくり登っていくと、ようやく目の先に荘厳な社殿が見えてきました。
170617_102033.jpg170617_102048.jpg 今まで奥社と中社は何度も訪れていますが、ここ宝光社は、初めてです。 想像していたより趣のある見栄えのする社殿でした。 学問や技芸、裁縫、安産、家内安全、厄よけなどのご神徳があり、婦女子や子供の守り神とされます。  
170617_102259.jpg170617_102410.jpg  社殿右側の参道は、神道とされ、整備された自然豊かな参道が火之御子社〜中社まで続きますが、この日はすぐに奥社に向かいました。
 戸隠森林植物園の駐車場に車を停め、みどりが池を左に見ながら、緑豊かな森の中の木道を歩き、奥社参道入り口に向かいます。 
170617_120746.jpg170617_104431.jpg まっすぐ続く約2kmの参道(車両進入禁止)を登りきった場所にあります。  鳥居をくぐると平日でもいつも参拝に向かう人々の姿が途切れることなく続いています。 先が見えないほどの長い参道が続き、奥社の本殿までは約40分ほどかかります。 
170617_105341.jpg170617_110059.jpg 両脇の緑深い森の息吹を楽しみながら平坦な参道を歩いて行くと、中程には萱葺きの赤い随神門があり、その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています。
170617_110708.jpg170617_110951.jpg 随神門から先の杉並木の織りなす風景を眺めていると、まるでここからは世界が一変したかと思われるような神秘的な世界が広がります。
170617_110801.jpg170617_114108.jpg 参道入り口の鳥居から歩くことおよそ2km、杉並木を抜けて幾段ものきつい石段を登った先に「奥社」があります。 戸隠神社の御本社として全国に開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳が広宣され多くの崇敬者が登拝されます。
170617_112427.jpg 「奥社」の隣には「九頭龍社」が建っています。 「九頭龍社」は「奥社」よりももっと古い社で、元々この地に祀られていた神様だそうです。 
170617_112700.jpg 「奥社」は創建が紀元前210年といわれており、日本の神話と深く関わりのある霊験あらたかな神社。 また、奥社のそばにある九頭龍社の御祭神は、地主神である九頭龍大神で、生命の源の水を司る神様とされています。
170617_113207.jpg 古くから修験道場として知られている戸隠山の中腹にあり、ご神徳が高いため、パワーを授けてもらいに参拝客がたえない神社を後にして、再び緑豊かな森に挟まれた参道を下ります。 年配の方や小さな子どもまで、参拝者がいつも絶えない戸隠神社で、パワーをいただいて帰りました。
170617_115724.jpg170617_113441.jpg

満開の さかき千曲川バラ公園

 千曲川の雄大な流れと故郷の原風景ともいえる自然環境に恵まれた一角に 「さかき千曲川バラ公園」 があります。 毎年ばら祭が開催されていますが、祭り閉会後間もないバラ公園に出掛けてみました。170613_125639.jpg170613_130233.jpg170613_125238.jpg 雄大な千曲川のほとりに整備された 「さかき千曲川バラ公園」 では、毎年バラが大輪の見事な花を咲かせ、わたしたちの目を楽しませてくれています。170613_130428.jpg170613_132855.jpg170613_131124.jpg 320種2300株のバラが大輪の花を咲かせ、訪れる人々の目を楽しませてくれます。 この日は、すでに見頃を過ぎた満開の時でしたが、まだまだ見応え十分でした。170613_131143.jpg170613_131640.jpg170613_132819.jpg 赤や黄、紫、ピンク等の色とりどりのバラが咲き誇り、あたり一面、鮮やかな色彩と甘い香りに包まれます。 公園内にはバラのアーチやトンネル、一休みできるベンチやあずま屋も設置されており、ゆったりとした気分で園内を楽しむことができます。170613_132808.jpg170613_132933.jpg170613_130447.jpg170613_133608.jpg170613_130717.jpg 例年のばら祭り期間中には、ばらを楽しんでいただけるだけでなく、ばらの苗や町特産品の販売、ばら挿し木講習会や育て方相談なども行われ、毎年多くの来園者でにぎわいます。170613_133545.jpg170613_133122.jpg170613_130749.jpg

プロフィール

wagtail

Author:wagtail
FC2ブログへようこそ!


カメラ片手にぶらりと出掛け、風景や自然を気軽に写真に写し取り、豊かな信州の原風景を楽しんでいます。

ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR