INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別所温泉の神社仏閣を巡る

別所温泉には、国宝や重要文化財を始めとする文化財が数多く点在しています。 ほんのわずかな時間でしたが、北向観音、安楽寺、常楽寺などを巡ってみました。

 厄除観音として知られる「北向観音堂」は、平安時代初期に比叡山延暦寺座主慈覚大師円仁により開創された霊場です。
 長野の善光寺と一対の厄除観音として広く信者を集めています。 一般に寺社は東か南(極楽浄土の方向)に向かって立つものですが、ここは観音堂も観音像も、文字通り北の方角を向き、南を向く善光寺と向かい合うように建てられていることから「北向」の名がつきました。 来世の利益を願う善光寺と現世利益を求める北向観音の両方に参ることで、現世と来世の幸福が約束されるという信仰があり、片方だけにお参りすることを「片参り」といいます。
温泉薬師瑠璃殿
愛染桂(樹齢1200年 樹高22m ) と 鐘楼
愛染堂の近くに縁結びの霊木として崇められている愛染かつらの巨木があり、川口松太郎の名作「愛染桂」はこの木からヒントを得たという説があります。 この後に北向観音の直ぐ近くにある 鎌倉時代にできた信州最古の禅寺 「安楽寺」に向かいました。 ここには国宝に指定されている「八角三重塔」があります。
石段上に見える国宝の八角三重搭は鎌倉時代末期に建立されました。 木造では日本唯一の八角の塔です。 中国宋時代のもので、唐様といわれる建築様式が見られ、長野県で初めて国宝に指定された建造物です。
 続いて、ここから歩いて5分ほどの常楽寺に向かいました。 天台宗の別格本山で、北向観音はここの境外仏堂です。 本堂の脇を1分ほど上がった所に石像多宝塔があります。 重要文化財になっており、ここから北向観音の千手観音様が現われたところと伝えられています。 駐車場に向かう帰り道、ななくりの湯の近くで、かわいい「湯かけ地蔵」を見付けました。 お湯を3回かけて願をかけると願いが叶うといわれ、地元の人々にも愛されるお地蔵様だそうです。
スポンサーサイト

諏訪大社 ・ 四社詣り ~下社編~

長野県のほぼ中央にある下諏訪には、諏訪大社下社の秋宮・春宮の2社があり、年間を通して多くの参拝客が訪れます。


諏訪大社神社 ・ 春宮

 諏訪湖の北、下諏訪駅の北西にあり、大門通りからまっすぐ伸びる参道(車道)の途中に下馬橋が残っている。 鳥居をくぐると境内です。
 御影石の大鳥居は万治2年(1656)の建立と推定され、万治の石仏(後掲)と同じ作者と言われています。

160603_122956

 鳥居を潜り、正面に見えるのが神楽殿。 春宮の神楽殿は、秋宮のものに比べ規模が小さく、軒下の桁に大きな注連縄を付ける様式は一緒だが、秋宮の1トンあるといわれるものよりもかなり小さなものとなっています。 

160603_123125


160603_123501

                             春宮一之御柱と 二之御柱

160603_123442  160603_123211  

 二重楼門造りの拝殿で、国の重要文化財になっています。 拝殿の左右の建物を “片拝殿” といい、やはり重要文化財に指定されています。

160603_123220

 
 春宮からちょっと歩いた田んぼの中に、高さ2メートル程の石仏が鎮座しています。 胴には万治3年(1660年)と刻まれており、そこから 「万治の石仏」 と名づけられたようです。

160603_131530

  かなり巨大なのでインパクトがあります。 日本版モアイともいわれ、「芸術は爆発だ!!」 の岡本太郎さんが大絶賛されたこともあり、訪れる人が増えているパワースポットです。

160603_131746



諏訪大社神社 ・ 秋宮

 秋宮は春宮から東方面に約1キロ離れたところにあり、徒歩だと約15分程度でつきます。

160603_153324

 大注連縄が飾られた三方切妻造りの神楽殿。 両脇の狛犬は、青銅製で日本一の高さ(170cm)。

160603_153058

 目を引く 「大きなしめ縄」 は、地元の下諏訪町の氏子有志による大しめ縄奉献会の方々が出雲から職人を呼び作らせたものだそうです。 
 出雲大社のしめ縄とよく似ていますが、長さが13メートル、重さは500キロくらいといわれ、出雲大社型のしめ縄では日本一の長さを誇るそうです。

160603_152606

幣拝殿、神楽殿ともに国の重要文化財です。

160603_152747

 拝殿・御宝殿後方のご神木(一位の木)がご神体で、本殿を持たない原初的な神社形態。

 下社も社殿四隅の御柱が圧倒的なパワーを放っています。 秋宮一之御柱と二之御柱。

160603_152947  160603_152819

160603_152632








諏訪大社 ・ 四社詣り ~上社編~

 勇壮さと熱狂的ぶりで、天下の大祭としても全国に知らている諏訪大社の御柱祭(おんばしら)が終わり、平静さを取り戻した諏訪大社のお参りに行ってみました。
 

 御柱祭は7年目毎、寅と申の年に行われます。 正式名称は「式年造営御柱大祭」といい宝殿の造り替え、また社殿の四隅に「御柱」と呼ばれる樹齢200年程の樅の巨木を曳建てる諏訪大社では最大の神事です。


 諏訪大社は、上社(前宮・本宮)と下社(春宮・秋宮)の二社四宮からなる神社で、創建は古く、日本最古の神社の一つです。

 今回この四社詣りをすることにしました。 まずは上社から。

 
 
諏訪大社神社 ・ 前宮

 前宮の現在の本殿は、昭和7年の神宮式年遷宮の折に下賜された降る材を持って立て直されたものです。

160603_142041

160603_141956

前宮に建てられた 一之御柱と二之御柱


160603_141558  160603_141858



諏訪大社神社 ・ 本宮


 上社本宮は中央道諏訪ICの近くにあり、貴重な建造物が最も多く残る。 御祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)で、農耕や勝負、家内安全、弥栄の神として崇められている。 

160603_144250

社殿
160603_143951

参拝所
160603_143716

160603_143744

左に見えているのが「上社本宮」の一之御柱です。 神社の四隅を囲う御柱の中で、一番長いもの(約17m)になります。
樹齢200年程の樅の巨木・御柱は、7年目毎(6年に一度)、寅と申の年に立て替えられます。160603_143531
布橋

東参道
160603_143139

右に見えているのが「上社本宮」の二之御柱です。
160603_143102

駒形屋
160603_143211

神楽殿
160603_143419

神事を終え、社務所に向かう神主さんたち。
160603_143444

160603_144508

雷電為右衛門の像

160603_144641

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。