INDEX    RSS    ADMIN

信濃国分寺

 奈良時代、上田の地に建立されたといわれる信濃国分寺。 承平の乱で焼失したといわれていますが、室町時代に今の場所へ再建されました。
 このお寺は、1月7日、8日の八日堂縁日には毎年大勢の人々でにぎわい、だるまや蘇民将来符を買い求めることで有名です。
 最近は、この夏の時期に咲く蓮の花を求めてやってくる人々の姿が多く見られるようになっています。 そして、毎年7月中旬に 「蓮のフェスタ in 信濃国分寺」 が開催されています。 夏の日のひととき、この蓮を見に出掛けてみました。
170722_093519.jpg  「蓮のフェスタ in 信濃国分寺」 の準備でしょうか、本堂の周囲では檀家の方々と思われる人々が仕事をされていました。170722_092017.jpg170722_094007.jpg お寺の北側の蓮池で、美しい蓮の花を見ることができます。 蓮は平成16年に信濃国分寺の塩入法道住職が200坪の休耕田を借りて植え始め、年を追うごとに増加して、現在では、700坪になりました。 県内外から、大勢の人々がこの幽玄な景色を求めてやってきます。170722_093142.jpg170722_094240.jpg170722_092931.jpg170722_093037.jpg170722_092843.jpg
HP「四季彩記」には、この様子を 「信濃国分寺の蓮」 としてまとめてみました。
時間が許しましたら、美しい蓮の風景をスライドショーでもお楽しみください。

スポンサーサイト

国宝 仁科神明宮

 信州・大町市 社宮本の古木が鬱蒼と繁る仁科の森に、平安の昔から鎮座する日本最古の神明造を持つ神社、天照大御神をおまつりする国宝 仁科神明宮があります。170622_125413.jpg 6月下旬に初めて訪れた神宮ですが、大杉、ヒノキが茂る鎮守の森は荘厳な空気を感じさせます。 杉の巨木がうっそうとした境内の中でも、とりわけ入り口から入ってすぐの左手にあるこの3本は 「御神木大杉」 といわれ目を惹きます。 中央の杉は昭和54年突風で倒木したため櫓で覆われています。170622_123552.jpg 参道をまっすぐ進むと突き当たりに 「手水舎」 があります。 冷たい水で清めると、心身共に引き締まった思いがします。170622_125151.jpg「手水舎」 を左折し、二之鳥居をくぐると、すぐ左手に社務所がありました。 ここで御朱印をいただくことができます。170622_125141.jpg 御朱印をいただき、さらに進むとちょっとした階段があり、階段を上がりきったところに三之鳥居が建っていました。 これは、1993年遷宮が行われた伊勢神宮の鳥居を移築したものだそうです。 この階段を上った先に本殿があるようです。170622_125103.jpg 三之鳥居をくぐると、すごく静かで神聖な雰囲気に包まれているのが分かります。 広い境内の敷地に入ると、正面に神門が見えます。 自然と身が引き締まるようなそんな気がします。170622_124700.jpg 通常は、鳥居をくぐると、次は拝殿が設けられていることが多いのですが、ここ仁科神明宮は、神門があり、次に拝殿・中門・釣屋・本殿という配置になっていました。 正面に神門があるので、まずはこちらで参拝しました。 この神門も神明造で御祭神は伊勢神宮の内宮と同じ、天照皇太神をです。170622_124716.jpg 拝殿は、神門から一段上がった位置に建っており、格子戸で仕切られた内部には、鏡などが安置されており、背後には中門が配置されていました。170622_124601.jpg170622_124533.jpg 日本最古の神明造りの様式を正確に伝えることから本殿・中門は国宝に指定されています。170622_124512.jpg 仁科神明宮の社殿は、本殿の前に中門が構えられ、それら二棟を釣屋と呼ばれる廊下で連結した構成となっています。 屋根は、いずれも檜皮で葺かれていました。170622_124528.jpg 拝殿の右には初代御神木の大杉が今は根元のみ残されています。170622_124420.jpg 帰りに境内の周囲を改めて見回してみると、境内社もたくさん祀られていました。 国宝であることは、今まで知らずにいましたが、仁科六十六郷の総社として落ち着いた風格の残る神社でした。170622_124841.jpg

戸隠神社詣り

 戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる神社ですが、通常は、奥社、中社、宝光社戸隠三社と呼ばれています。

 この日は、五社のうちの宝光社と奥社・九頭龍社をお詣りしてきました。 まず始めに、宝光社からです。
170617_102936.jpg 宝光社の鳥居をくぐるとすぐ目の前に長い石段が続いています。 さほど段数はないのですが、急な石段でしたので、途中で一呼吸置きました。 杉の古木の中、270余段の石段をゆっくりゆっくり登っていくと、ようやく目の先に荘厳な社殿が見えてきました。
170617_102033.jpg170617_102048.jpg 今まで奥社と中社は何度も訪れていますが、ここ宝光社は、初めてです。 想像していたより趣のある見栄えのする社殿でした。 学問や技芸、裁縫、安産、家内安全、厄よけなどのご神徳があり、婦女子や子供の守り神とされます。  
170617_102259.jpg170617_102410.jpg  社殿右側の参道は、神道とされ、整備された自然豊かな参道が火之御子社〜中社まで続きますが、この日はすぐに奥社に向かいました。
 戸隠森林植物園の駐車場に車を停め、みどりが池を左に見ながら、緑豊かな森の中の木道を歩き、奥社参道入り口に向かいます。 
170617_120746.jpg170617_104431.jpg まっすぐ続く約2kmの参道(車両進入禁止)を登りきった場所にあります。  鳥居をくぐると平日でもいつも参拝に向かう人々の姿が途切れることなく続いています。 先が見えないほどの長い参道が続き、奥社の本殿までは約40分ほどかかります。 
170617_105341.jpg170617_110059.jpg 両脇の緑深い森の息吹を楽しみながら平坦な参道を歩いて行くと、中程には萱葺きの赤い随神門があり、その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています。
170617_110708.jpg170617_110951.jpg 随神門から先の杉並木の織りなす風景を眺めていると、まるでここからは世界が一変したかと思われるような神秘的な世界が広がります。
170617_110801.jpg170617_114108.jpg 参道入り口の鳥居から歩くことおよそ2km、杉並木を抜けて幾段ものきつい石段を登った先に「奥社」があります。 戸隠神社の御本社として全国に開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳が広宣され多くの崇敬者が登拝されます。
170617_112427.jpg 「奥社」の隣には「九頭龍社」が建っています。 「九頭龍社」は「奥社」よりももっと古い社で、元々この地に祀られていた神様だそうです。 
170617_112700.jpg 「奥社」は創建が紀元前210年といわれており、日本の神話と深く関わりのある霊験あらたかな神社。 また、奥社のそばにある九頭龍社の御祭神は、地主神である九頭龍大神で、生命の源の水を司る神様とされています。
170617_113207.jpg 古くから修験道場として知られている戸隠山の中腹にあり、ご神徳が高いため、パワーを授けてもらいに参拝客がたえない神社を後にして、再び緑豊かな森に挟まれた参道を下ります。 年配の方や小さな子どもまで、参拝者がいつも絶えない戸隠神社で、パワーをいただいて帰りました。
170617_115724.jpg170617_113441.jpg

垂れ桜咲く 光前寺

 長野県駒ヶ根市にある光前寺は、南信州随一の祈願霊場として広い信仰をあつめています。 早太郎伝説と光苔の寺、そして境内のしだれ桜と庭園が有名です。 庭園は国の名勝に指定されています。
 訪問した4月下旬は、ちょうど垂れ桜が見頃を迎えていました。 駐車場の車から出るとすぐに仁王門付近の垂れ桜が目に飛び込んできました。 雪化粧した中央アルプスと垂れ桜のコラボレーションは言葉では言い尽くせない美しさです。 仁王門から大講堂付近を中心に、およそ70本程の垂れ桜が植えられており、ちょうど満開の時期を迎えていました。 特にこの仁王門前の枝垂れ桜は実に見応えがあります。 仁王門をくぐると参道がまっすぐに延びており、講堂へ通じる杉並木の参道へと繋がっています。 桜の開花時期にはこうして大勢の参拝客で賑わいます。  境内には、約70本の桜が植えられており中でも仁王門から大講堂付近を中心としたシダレザクラが有名で、夜はライトアップもされるそうです。 垂れ桜のトンネルを過ぎるとやがて杉並木に至り、鐘楼まで来ると、大講堂の前の華やかさとは対照的に厳かな雰囲気が漂っています。 南信州唯一の三重塔は1808年に再建されたもので、中には五智如来が安置されています。 本堂の彫刻や美しい形の三重塔は必見の見事な建物です。 この光前寺は860年に本聖上人によって開かれたと伝わっていて、その歴史の古さが感じられ、まさに古刹と言えましょう。 早太郎のお墓と本堂をお参りし、心静かに参道を帰りました。 車上の人となる前にもう一度振り返ると、えも言われぬ桜色に彩られた仁王門と中央アルプスの峰々が輝いて見えました。

別所温泉の神社仏閣を巡る

別所温泉には、国宝や重要文化財を始めとする文化財が数多く点在しています。 ほんのわずかな時間でしたが、北向観音、安楽寺、常楽寺などを巡ってみました。

 厄除観音として知られる「北向観音堂」は、平安時代初期に比叡山延暦寺座主慈覚大師円仁により開創された霊場です。
 長野の善光寺と一対の厄除観音として広く信者を集めています。 一般に寺社は東か南(極楽浄土の方向)に向かって立つものですが、ここは観音堂も観音像も、文字通り北の方角を向き、南を向く善光寺と向かい合うように建てられていることから「北向」の名がつきました。 来世の利益を願う善光寺と現世利益を求める北向観音の両方に参ることで、現世と来世の幸福が約束されるという信仰があり、片方だけにお参りすることを「片参り」といいます。
温泉薬師瑠璃殿
愛染桂(樹齢1200年 樹高22m ) と 鐘楼
愛染堂の近くに縁結びの霊木として崇められている愛染かつらの巨木があり、川口松太郎の名作「愛染桂」はこの木からヒントを得たという説があります。 この後に北向観音の直ぐ近くにある 鎌倉時代にできた信州最古の禅寺 「安楽寺」に向かいました。 ここには国宝に指定されている「八角三重塔」があります。
石段上に見える国宝の八角三重搭は鎌倉時代末期に建立されました。 木造では日本唯一の八角の塔です。 中国宋時代のもので、唐様といわれる建築様式が見られ、長野県で初めて国宝に指定された建造物です。
 続いて、ここから歩いて5分ほどの常楽寺に向かいました。 天台宗の別格本山で、北向観音はここの境外仏堂です。 本堂の脇を1分ほど上がった所に石像多宝塔があります。 重要文化財になっており、ここから北向観音の千手観音様が現われたところと伝えられています。 駐車場に向かう帰り道、ななくりの湯の近くで、かわいい「湯かけ地蔵」を見付けました。 お湯を3回かけて願をかけると願いが叶うといわれ、地元の人々にも愛されるお地蔵様だそうです。

プロフィール

wagtail

Author:wagtail
FC2ブログへようこそ!


カメラ片手にぶらりと出掛け、風景や自然を気軽に写真に写し取り、豊かな信州の原風景を楽しんでいます。

ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR