INDEX    RSS    ADMIN

神楽舞奉納

長野県立歴史館で開催された冬季展の一環として、千曲市桑原地区の神楽舞奉納が行われました。

20110108_101630

20110108_102958a

20110108_102023

20110108_102916  20110108_102755

20110108_102239

20110108_102516  20110108_102323

20110108_103058

スポンサーサイト

長野・善光寺参り

もう、1月も中旬になってしまい、ずいぶん遅くなってしまったが、善光寺に初参りをしました。

駐車場の方、すなわち参道と反対側の裏手から入りました。
たくさんの石灯籠とともに、少し離れたところには「忠魂殿」が見えます。

この忠霊殿は、戊辰の役から太平洋戦争に至る250万戦没者の英霊を祀る
我が国唯一の仏式の霊廟として昭和45年に完成しました。

20080115_122642.jpg

わたしは、毎年この善光寺にお参りに来ますが、信州で一番有名な寺院といえばこの善光寺をおいて他にはないでしょう。
江戸時代より『牛に引かれて善光寺参り』と言われるように一度は行っておきたい寺院の一つでもあります。

20080115_114150.jpg

本堂は創建以来11回もの火災に遭いましたが、そのたびに全国の信徒によって復興されてきました。現在の本堂は、1707年の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。

20080115_114630.jpg

もうこんな遅い時期でしたので、参拝者の数はさほど多くはありませんでした。

20080115_114731.jpg

様々な願が書かれたたくさんの絵馬が、二年参りや初詣の人出の多さを伺わせます。

20080115_122505.jpg

静かな本堂で、一緒に来られなかった子どもたちの分も含めて、しっかりと手を合わせてきました。

20080115_114832.jpg

ちょうど住職さんが昇堂される時間に運よく遭遇しました。お数珠頂戴は、お二人の住職の昇堂時と退堂時に1回ずつ、日に合計4回あるようです。 こうして参道に頭を低くして待っていますとお数珠で軽く触れて(お数珠頂戴)いただけます。

20080115_114850.jpg

三門は、1750年に建立された二層入母屋造りの門です。屋根は平成大修理において栩葺き(さわらの板)の屋根に復元されました。
楼上には「善光寺」と書かれた額が掲げられています。これは通称「鳩字の額」と呼ばれており、3文字の中に鳩が5羽隠されています。更に「善」の一字が牛の顔に見えると言われ、「牛に引かれて善光寺参り」の信仰を如実に物語っています。

20080115_122244.jpg

6体のお地蔵さまは人々が迷い生死を繰り返す6つの道(六道)に居て迷える人々の苦しみを救ってくれます。
向かって右から地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道となっています。
地獄道のお地蔵さまは左足を蓮台から下ろし今にも救いに行こうとしている姿を表しています。

20080115_122302.jpg

人出の少ないゆったりした昼頃、ようやく善光寺参りをすませることができました。
片参りのままにならないように、1月中に、別所の北向観音様にもお参りに行きたいと思います。

20080115_122412.jpg


懐かしい「御輿」

「憲法記念日」の祝日であるが、きょうは出勤日
退勤時、信号が青になったというのに中々車が動かない
どうしたのかと前方を見ると、御輿が目に入った 
慌てて車の窓からコンパクトデジカメで、パチリ

何の祭だろうか、男性と女性の大人御輿が二つ
私の町では担ぎ手がなく、もう何年も大人御輿は見たことがない 悲しい
いつまでも繋いでいきたいもの、それは昔からの郷土のイベントです

p1010006.jpg

p1010008.jpg

別所温泉・北向観音

厄除けで名高い北向観音、善光寺と併せて毎年初詣をしている

今年は、こんな時期になってしまった

20日の夕方ともなれば、さすがに参拝の人陰も少ない

imgp7751.jpg

imgp7739.jpg

雪の少ない冬だが、境内脇の地蔵様には、過日の雪がまだ残っている

imgp7748.jpg

imgp7742.jpg

さすが温泉地、お湯が出ていて寒い日でも躊躇することなく手に取る姿が見られる

imgp7745.jpg

境内の巨木「愛染カツラ」、縁結びの象徴です

imgp7743.jpg

期せずしてきょうは「センター試験」の日

合格祈願の絵馬が並ぶ

imgp7735.jpg

二年参り

明けましておめでとうございます。

今年も家族で地元の神社へ 二年参りに

今年も家族がそろってお参りできたことに感謝!

imgp7543.jpg

imgp7536.jpg

人出は少なかったが、0時にあわせ花火が上がり、

境内に居合わせた人々から拍手がわき上がり、新年を祝った

imgp7537.jpg

達磨売りや屋台も出ている

売上利益は、すべて福祉関係に使われるとも聞く…

imgp7545.jpg

imgp7546.jpg

imgp7533.jpg